Entry

大迫勇也 :

海外移籍か、国内残留か。大迫と齋藤の対照的な決断。~半年後のW杯本大会を見据えて~(1/2) - Number Web : ナンバー

今冬、ザックジャパンのメンバーでもあるJリーガー2人の去就に高い関心が集まっていた。1人は鹿島アントラーズの“ハンパないストライカー”大迫勇也で、
by  well-mark

大迫勇也 :

海外移籍か、国内残留か。大迫と齋藤の対照的な決断。~半年後のW杯本大会を見据えて~(1/2) - Number Web : ナンバー

今冬、ザックジャパンのメンバーでもあるJリーガー2人の去就に高い関心が集まっていた。1人は鹿島アントラーズの“ハンパないストライカー”大迫勇也で、
by  well-mark

大迫勇也 :

海外移籍か、国内残留か。大迫と齋藤の対照的な決断。~半年後のW杯本大会を見据えて~(1/2) - Number Web : ナンバー

今冬、ザックジャパンのメンバーでもあるJリーガー2人の去就に高い関心が集まっていた。1人は鹿島アントラーズの“ハンパないストライカー”大迫勇也で、
by  well-mark

大迫勇也 :

海外移籍か、国内残留か。大迫と齋藤の対照的な決断。~半年後のW杯本大会を見据えて~(1/2) - Number Web : ナンバー

今冬、ザックジャパンのメンバーでもあるJリーガー2人の去就に高い関心が集まっていた。1人は鹿島アントラーズの“ハンパないストライカー”大迫勇也で、
by  well-mark

齋藤学 :

F・マリノス、悲願達成へ。齋藤学が誓う「10年前の再現」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|J Football

集英社のスポーツ総合雑誌、スポルティーバ公式サイト「web Sportiva」。本誌記事の他、野球、サッカー、モータースポーツなど国内外のスポーツ最%
by  well-mark

栗原勇蔵 :

収穫は新戦力の台頭だけじゃない。東アジア杯で栗原勇蔵が得たもの。(1/3) - Number Web : ナンバー

国内組の若手中心で挑んだ東アジアカップで、ザックジャパンは優勝を遂げた。柿谷曜一朗、大迫勇也、豊田陽平、山口螢、工藤壮人、齋藤学……次々とA代表デビューを飾り、
by  well-mark

鈴木大輔 :

東アジアカップで躍動した“国内組”。ロンドン五輪世代、A代表への道程。(1/4) - Number Web : ナンバー

東アジアカップを見事な優勝で終えた日本代表。そのメンバーに選ばれたロンドン五輪代表世代は、権田修一、鈴木大輔、山口螢、扇原貴宏、齋藤学の5名、
by  well-mark

扇原貴宏 :

東アジアカップで躍動した“国内組”。ロンドン五輪世代、A代表への道程。(2/4) - Number Web : ナンバー

東アジアカップを見事な優勝で終えた日本代表。そのメンバーに選ばれたロンドン五輪代表世代は、権田修一、鈴木大輔、山口螢、扇原貴宏、齋藤学の5名、
by  well-mark

原口元気 :

東アジアカップで躍動した“国内組”。ロンドン五輪世代、A代表への道程。(3/4) - Number Web : ナンバー

東アジアカップを見事な優勝で終えた日本代表。そのメンバーに選ばれたロンドン五輪代表世代は、権田修一、鈴木大輔、山口螢、扇原貴宏、齋藤学の5名、
by  well-mark

柿谷曜一朗 :

「東アジア杯組」、8・14ウルグアイ戦に呼ばれるのは3、4人!?|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|J Football

集英社のスポーツ総合雑誌、スポルティーバ公式サイト「web Sportiva」。本誌記事の他、野球、サッカー、モータースポーツなど国内外のスポーツ最新情報を掲載。,JFootballコラム。サッカー日本代表、Jリーグ、女9
by  well-mark
'''齋藤 学'''(さいとう まなぶ、1990年4月4日-)は、神奈川県出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード (サッカー)|フォワードミッドフィールダー川崎市立川崎高等学校卒業。日本代表。
来歴
小学生時代から一貫して横浜F・マリノスの下部組織に所属し、2006年にはAFC U-17選手権2006の代表選手に選出された。 2008年には2種登録選手|2種登録ながらリーグ戦7試合に出場し、2009年にトップチームに昇格した[http://www.f-marinos.com/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=2906 2009年度、新加入選手決定のお知らせ] 横浜F・マリノス 2008年10月8日付プレスリリース。 2011年シーズンに、愛媛FCにレンタル移籍。愛媛では、開幕戦からチームの主軸として活躍。リーグ中盤ではなかなか得点が奪えなかったものの、最終的にJ2で14得点を挙げた。 2012年シーズンから横浜FMに復帰。2012年7月、ロンドンオリンピック (2012年)|ロンドンオリンピックサッカー日本代表に選出された。 2013年7月、東アジアカップ2013の日本代表に初選出され、7月21日のサッカー中国代表|中国戦で途中出場し、フル代表初出場した。続く7月25日のサッカーオーストラリア代表|オーストラリア戦ではスタメンで出場し代表初得点を記録した。 2014年5月12日、2014 FIFAワールドカップ日本代表に選出された。しかし、本大会での出場機会はなくチームもグループリーグで敗退した。 2016年3月に代表合宿に参加し、ヴァヒド・ハリルホジッチ体制では初の代表メンバーに召集された。10月1日、2ndステージ第14節のヴァンフォーレ甲府戦では2得点2アシストの活躍をし、武藤嘉紀宇佐美貴史の怪我で日本代表の追加招集が決定した。10月29日、2ndステージ第16節のサガン鳥栖戦でJ1リーグ初の二桁得点を達成した。
プレースタイル
ドリブラーとしては日本人屈指のレベルにあるとの評価がある。直線的でありながらボールタッチ数の多く、それでいてスピードを殺さないドリブルで緩急の変化を付け、相手の体勢を崩してシュートやパスに持ち込むプレースタイルを得意とする。 このリオネル・メッシ(サッカーアルゼンチン代表|アルゼンチン代表)を彷彿とさせるプレースタイルは愛媛へのレンタル移籍時以後注目されるようになり、2011年5月8日の湘南ベルマーレ|湘南戦の終了間際に中へドリブルで切れ込んだゴールには、反町康治(当時湘南監督)をして「最後は“愛媛のメッシ”にやられた、という感じです」とコメントされ、横浜復帰後にも中村俊輔から「和風メッシでしょ」と称されるなど、メッシにまつわるニックネームが付けられるようになっている。
所属クラブ
;ユース経歴 *横浜F・マリノスプライマリー (川崎市立日吉小学校) *2003年 - 2005年 横浜F・マリノスジュニアユース (川崎市立塚越中学校) *2006年 - 2008年 横浜F・マリノスユース (川崎市立川崎高等学校) ** 2008年 横浜F・マリノス (2種登録選手) ;プロ経歴 *2009年 - 横浜F・マリノス **2011年 愛媛FC (期限付き移籍)
個人成績
|- |2008年のJリーグ|2008||rowspan="3"|横浜F・マリノス|横浜FM||37||rowspan="3"|J1リーグ|J1||7||0||0||0||1||0||8||0 |- |2009年のJリーグ|2009||rowspan="2"|19||11||0||3||0||0||0||14||0 |- |2010年のJリーグ|2010||5||0||5||1||0||0||10||1 |- |2011年のJリーグ|2011||愛媛FC|愛媛||27||J2リーグ|J2||36||14||colspan="2"|-||2||0||38||14 |- |2012年のJリーグ|2012||rowspan=5|横浜FM||rowspan=5|11||rowspan=5|J1||29||6||5||2||3||0||37||8 |- |2013年のJリーグ|2013||28||4||7||2||4||2||39||8 |- |2014年のJリーグ|2014||31||4||1||0||2||0||34||4 |- |2015年のJリーグ|2015||32||7||3||0||2||0||37||7 |- |2016年のJリーグ|2016||33||10||2||0||||||||| 143||21||24||5||12||2||179||28 36||14||colspan="2"|-||2||0||38||14 179||35||24||5||14||2||217||42 |} *2008年はユース登録 * 2009年3月14日 - プロ初出場 (日本サッカーリーグ|Jリーグ) - 清水エスパルス戦 (静岡市清水日本平運動公園球技場|アウトソーシングスタジアム日本平) * 2010年6月5日 - プロ初得点 (Jリーグカップ|ナビスコカップ) - ヴィッセル神戸戦 (御崎公園球技場|ホームズスタジアム神戸) その他の公式戦 *2014年 **FUJI XEROX SUPER CUP|スーパーカップ 1試合0得点 |AFCチャンピオンズリーグ2014|2014||横浜F・マリノス|横浜FM||11||5||3 |- !通算!!colspan="2"|AFC |5||3 |}
タイトル
個人
* Jリーグカップ
|ナビスコカップ ニューヒーロー賞(2013年) * 月間MVP (日本プロサッカーリーグ)|Jリーグ月間MVP:2回(2015年8月, 2016年10月・11月)
代表歴
出場大会
* U-17サッカー日本代表 ** 2006年 AFC U-17選手権2006 (優勝) ** 2007年 2007 FIFA U-17ワールドカップ (グループリーグ敗退) * U-23サッカー日本代表 ** 2012年 ロンドンオリンピック (2012年) サッカーアジア予選|ロンドンオリンピックアジア最終予選 ** 2012年 トゥーロン国際大会(グループリーグ敗退) ** 2012年 ロンドンオリンピック (2012年) におけるサッカー競技|ロンドンオリンピック (4位) * サッカー日本代表 ** 2013年 東アジアカップ2013 (優勝) ** 2014年 2014 FIFAワールドカップ (グループリーグ敗退)
試合数
* 国際Aマッチ 6試合 1得点 (2013年 - ) |- |2013年のサッカー日本代表|2013||3||1 |- |2014年のサッカー日本代表|2014||2||0 |- |2016年のサッカー日本代表|2016||1||0 |- !通算 |6||1 |}
ゴール
(omission)
脚注
関連項目
*横浜F・マリノスの選手一覧
*愛媛FCの選手一覧
外部リンク
* [http://www.f-marinos.com/club/player/top/2016/11 齋藤 学 | プロフィール | 横浜F・マリノス 公式サイト] * * * * |titlestyle =background:#00D; color:#FFF; |list1= }}

[齋藤学|ja.wikipedia]からの抜粋です。