90598

髙木彰人 :

髙木彰人は宇佐美二世?

○○二世という言葉ほど当てにならないものはありません。
表面的な部分をとらえて似ているといい、質的な面はかなり違うことばかりです。ただ、注目を集めさせるにはいい方法なので、よく利用されます。

AFCのU-16選手権予選のメンバーに選出された髙木彰人(たかぎ あきと)の場合はどうなのでしょう。中学2年生(1997.8.4生まれ)でも代表に召集される早熟さ、ガンバ大阪ジュニアユースの所属の攻撃的選手であることなどは、宇佐美貴史を連想させます。きっとドリブルも上手で、得点能力も高いのでしょう。

そんなイメージを持たせる髙木彰人ですが、U-15代表の吉武監督は、チェンブリFCとの親善試合で、高木をアンカーに置きました。髙木彰人に守備的MFの適性を見出したのかもしれません。

代表に選出されるような選手はテクニックもあり、キックの精度も強さもあるので、クラブでは攻撃的な選手であることが多いのですが、代表レベルで見た時には、ボランチやセンターバックの方が向いているということもあるでしょう。

しかも、中学から高校にかけての年代。身体の成長、精神の充実は日に日に目覚ましいものがあります。2年後の U-17ワールドカップの時の姿を今から想像することはできません。

14歳で身長172cmの髙木彰人。吉武監督は、アジア選手権の予選でどういう使い方をするのでしょう。見てみたいポイントの1つです。

by  netarrows    at 2011-09-11 12:38 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。