79021

鄭大世 :

【日本代表】鄭大世対策を徹底。ザックジャパンの期待と不安

相手にとって常にやっかいな存在、鄭大世。

「大世は一発がある。ホントに90分間注意しなければいけない」

J Sports の元川悦子氏のコラムに載っていた今野泰幸の言葉だ。

同コラムによれば、9月2日のワールドカップ予選北朝鮮戦を控え、8月29日からの日本代表合宿では、真っ先に鄭大世対策の練習が行われたという。
敵がシンプルにロングボールを放り込んできた場合の対応だ。

センターフォワードの今野が前に出て競り、もうひとりのCFが背後のスペースを埋め、左右のサイドバックが絞ってカバーするということを徹底したそうだ。

川崎フロンターレ時代の鄭大世のプレーは皆が知るところ、ドイツに渡ってさらに進化していることも予想される。
気を抜かず、鄭大世を封じることができるかどうか。
それが北朝鮮戦の大きなポイントであることに変わりない。

Tag : 2011-08-30
by  netarrows    at 2011-09-01 11:37 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。