71010

新谷仁美 :

新谷仁美、5000m決勝進出

2011年世界陸上テグ大会、女子5000mで新谷仁美(にいや ひとみ)が予選を通過、9月2日の決勝へ進みました。

新谷仁美は予選の1組目に登場。
自分のペースで押していったと語るように序盤からレースを引っ張る積極性を見せ、15:31.09の記録で7位に入った。

予選の順位5番目までと記録が上から5番目までの選手の合計15人までが決勝に進出できる。2組目は1組目の記録を見て走れるため、スローペースとなったことが幸いした。

予選1位のデファーは 15:19.46 と大きな開きがあるが、新谷仁美の自己ベストは昨年のアジア選手権で記録した 15:13:12(2位)。ロンドン五輪の参加標準Aは15:15.00、Bが15:25.00。
決勝では、まずはA標準突破を目指し、可能ならば8位以内の入賞、五輪への出場内定を狙う。世界陸上女子5000mでの日本勢の入賞は、1997年大会8位の弘山晴美のみ。

2007年の東京マラソンでは初マラソンを初優勝を飾った。
勝負強さはあるはず。
新谷仁美は1988年2月26日生まれの23歳、まだまだ若い。
その積極的な走りで快挙達成といきたい。
by  netarrows    at 2011-08-30 17:47 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。