453220

小野裕二 :

小野裕二、天皇杯でハットトリック

今夏急死した松田直樹がかつて所属したチーム同士の対戦として注目を浴びた試合、天皇杯4回戦、18歳の小野裕二がハットトリックを達成しました。

J15位の横浜Fマリノスに対してJFL4位で来季のJ2昇格が決定したばかりの松本山雅が挑む形。これまで横浜FC、アルビレックス新潟とJのチームに勝ってきた松本の希望を打ち破ったのは、マリノスの若き10番でした。

クラブワールドカップのパス回しを見慣れていると、マリノスのそれはもっさりとした感じを受けてしまいますが、それでも個人技に勝る横浜が松本を圧倒しました。特にゴール前での小野の動きに松本はついていけません。3得点と1アシストと大暴れ。調子の良さを伺わせます。

問題はこれから。レベルの高いチームと対戦することになる準々決勝以降で同じような輝きを放つことができるかどうか。その先にオリンピック出場の希望が生まれます。

若いだけに成長が期待できます。ネイマールと同じように有無を言わせないような結果を出してもらいたい。
Tag : 2011-12-16
by  netarrows    at 2011-12-17 18:31 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。