447706

川村優理 :

川村優理、決勝ゴール全日本女子浦和戦。

川村優理が83分、ゴールを決め、アルビレックス新潟レディースを全日本女子サッカー選手権の準決勝に導きました。

なでしこリーグ3位の浦和レッズレディース。先発は、GK池田咲紀子、DF土橋優貴、矢野喬子、西田明美、堂園彩乃、MF庭田亜樹子、安田有希、岸川奈津希、柴田華絵、FW吉良知夏、後藤三知。後半、荒川恵理子、岩倉三恵、竹山裕子を投入しましたが、結局吉良のシュート2本だけに押さえられてしまいました。

同5位の新潟は、GK大友麻衣子、DF山本亜里奈、東山麻真衣子、口木未来、中村楓、MF川村優理、上尾野辺めぐみ、阪口夢穂、佐伯彩、FW菅澤優衣香、上辻佑実。前半は上尾野辺のシュート2本だけでしたが、後半なでしこジャパンのレギュラーの阪口が積極的にシュートを放ちます。そして87分ヘッディングシュートをGKが弾いたところをワンタッチで川村優理が右足でシュート。見事ゴールを決めました。

なでしこジャパンのロンドン五輪最終予選前の直前合宿に最後まで参加した川村優理。サッカーの神様はちゃんと見ていますね。
by  netarrows    at 2011-12-23 18:26 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。