30341

大滝麻未 :

大滝麻未がカナダ相手に4得点。

第26回ユニバーシアード競技大会2011深圳において、ユニバーシアード日本女子代表FWの大滝麻未が4得点した。日本女子代表はカナダを6-0で破る圧勝。準決勝に駒を進め、フランスと決勝進出をかけて対戦する。

今大会初戦のエストアニア戦で2得点、第3戦のフランス戦でもゴールをあげた大滝麻未が、準々決勝のカナダ戦も絶好調。37分、50分、78分にゴールを決めハットトリックを達成、おまけにアディショナルタイムにもう1点を追加した。

早稲田大学所属、身長171cmの日本待望の大型ストライカーには、準決勝フランス戦でも活躍してもらいたい。
by  netarrows    at 2011-08-19 19:00 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。