25301

筏井りさ :

筏井りさ、カナダ戦で先制点。

第26回ユニバーシアード競技大会2011深圳においてユニバーシアード日本女子代表MFの筏井りさが準々決勝カナダ戦で先制点を決め、6-0勝利の口火を切った。

筏井りさは、東小倉SC(川崎市幸区 )で少女サッカーに親しみ、筑波大学女子サッカー部を経て、現在ジェフユナイテッド市原・千葉に所属。

ユニバーシアードでもチームの中心として、これまでの4試合全部にフル出場。

この準々決勝では、前半23分にゴールを決めた。チームはカナダを圧倒。次の準決勝フランス戦でも活躍することが期待される。


Tag : 2011-08-17
by  netarrows    at 2011-08-19 19:23 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。