210006

三根和起 :

三根和起、190cmの長身フォワード。

U-18日本代表(93Japan)でもっとも目立つのは、190cmの長身フォワードの三根和起(みね かずき)。集合写真でも、GKの杉本大地(186cm)、DFの岩波拓也、高橋祐治(ともに185cm)よりも天に近いところに頭があります。

1993年4月18日生まれの18歳。ジュニア時代はFCルイ・ラモス・ヴェジットに所属し、中学時代はガンバ大阪ジュニアユース、高校から京都サンガF.C.U-18に所属しています。中1の時には早くもJFAエリートプログラムメンバーに選抜されています。中2で身長180cm、中3で186cmありました。急激に身長が伸びている間は、身体のバランスが取りにくい時もあったようですが、高校になってたくましさが出てきたようです。そのため、高い打点のヘディングも大きな武器となりました。その上、左足が利き足ということでも、チームには貴重な存在。

2011年4月のダラスカップでは、FCバルセロナ相手に1ゴールを決めました。また、8月のカタール遠征でも2ゴールを決め、調子はいいようです。

AFC U-19アジア選手権の予選では、大いに力を発揮してほしいと思います。
by  netarrows    at 2011-09-24 15:40 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。