103010

杉本太郎 :

杉本太郎は、唯一の高校所属U-15メンバー。

2013U-17ワールドカップの出場を目指すU-15日本代表は、1996年1月1日以降に生まれた選手で構成されます。したがって、現在の高校生では、1年生の早生まれの選手だけが、選考の対象となります。

9月12日から開催されるAFC U-16選手権のメンバーには、アルビレックス新潟ユースのDF酒井高聖(さかい ごうそん、1996.03.20 180cm)、柏レイソルU-18のDF中谷進之介(なかたに しんのすけ、1996.03.24 180cm)、そして、帝京大可児高校のMF杉本太郎(1996.02.12 162cm)の3人が高校生です。

高校サッカー部所属の選手では、ただ一人杉本太郎が選出されました。今後、高校選手権などを通して、新たな選手も発掘されるでしょうが、まずは高校サッカーの代表として選ばれたと考えられます。

杉本太郎は、ジュニアチームの岐阜VAMOSから帝京大可児高校サッカー部に入りました。岐阜VAMOS出身のJリーガーには、青山直晃らがいます。U-15代表には、フォワードに1学年下の中村文哉(ふみや)が岐阜VAMOSから入っています。

身長は高くありませんが、U-15代表の中では最年長です。試合の内外でチームを引っ張ってくれることを期待します。

by  netarrows    at 2011-09-11 14:11 +09:00

Google のアカウントを持っている人は、Login すれば投稿できます。